*

【福岡子どもスポーツ塾】 CHILD THEATERS COMPANY~体操教室からダンスまで~

体操教室からダンスまで学びやすいスクールです。博多区・南区・早良区・東区で開催しています。

電話番号 080-4946-1680

お問い合わせフォームはこちら

①ライフステージに合わせた栄養の取り方~幼児期編~

shutterstock_140695960

乳幼児期(0~6歳)では食習慣の基礎を身につけることが大切。
嗜好が形成される時期なので離乳した後は、なるべく薄味になれさせいろんな食材を食べさせることで食への興味を持たせるよう工夫することも必要です。

乳幼児期の食生活のポイント

・乳汁中心から次第に固形食へ
離乳は舌でつぶせるものから、徐々にかたさのあるものへ変えていく!

・間食も食事と考えて
栄養素の必要量が多い時期なので間食も食事と考えてメニューを工夫することが大事!

・幼児期には大人の食に近づける
家族と同じ時間に食事し、家族そろって食卓を囲む習慣をつける!

乳幼児期に必要なエネルギー

発育に合わせて必要なエネルギーを確保!しかし発達は個人差が大きな時期なのであまり神経質にならないように、子供の様子を観察してください!あくまでも目安です☆

男児(kcal/日)
0~5ヶ月   550
6~8ヶ月   650
9~11ヶ月  700 
1~2歳   1000 
3~5歳   1300

女児(kcal/日)
0~5ヶ月   500
6~8ヶ月   600
9~11ヶ月  650 
1~2歳    900
3~5歳   1250

積極的にとりたい栄養素

身体を作る栄養素をしっかりとる

●カルシウム・・・丈夫な骨を作る→牛乳・乳製品・小魚など

●鉄・・・赤血球を作る→小魚・海藻など

●たんぱく質・・・身体を作る材料になる→魚・卵など

とりすぎに気をつけたい栄養素

リンの摂りすぎは骨の成長を妨げる

●リン・・・骨の成長を妨げる→加工食品のとりすぎに注意!!

●ナトリウム(塩分)・・・濃い味になれてしまう→外食や惣菜は控えめに!

幼児期の食事は、生涯の食習慣の基礎を身につける時期です。
主食・主菜・副菜のそろった食事を心がけましょう。


各地域で体験教室を開いておりますのでご興味のある方は、ぜひお越し下さい。スクールに関する「お申し込み・お問い合わせ」はお電話または専用フォームよりお気軽にお寄せ下さい。

キッズダンスイベントPHOTO☆コ...